SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > ブラックリスト

ブラックリストとは

ブラックリストとはあくまで俗称です。 実際にはブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではありません。 便宜上、私達世間が勝手にブラックリストと呼んでいるだけに過ぎません。


ブラックリストって何?
多くの人は、返済が滞った時や、債務整理を行った時に、金融機関に登録される記録のことを、「ブラックリスト」と呼んでいるようですが、実際は、そういったものは存在せず、金融機関では、延滞、破産、行方不明など、様々な金融事故に関する記録を「事故情報」と言っています。 また、それら事故情報は、金融機関が加盟する「個人信用情報機関」に登録され、同じ情報機関に加盟するカード会社で共有されることになります。


事故情報が個人信用情報機関に登録されてしまうと面倒です。 5年~10年の間は情報として登録され、その間、借り入れは一切できなくなる上に、カードの作成も不可能となります。 住宅ローンを組む場合も、以前載った事故情報が災いして審査が通らないということはしばしば耳にします。 このように、迂闊な延滞や甘い考えが、後々の人生で大きな弊害となることがあります。


金融機関としては、一度、事故を起こした利用者には、2度と利用して欲しくないと考えいるところが多く、自己破産などをして、数年経ち、個人信用情報機関では、綺麗サッパリ事故情報から消えていても、事故を起こされた当の金融機関には事故情報データを相当期間保管していると思われます。 したがいましてその金融機関からの借り入れは一生無理だと考えた方がよいかも知れません。


どんなときにブラックリストに載るの?
1.返済3ヶ月(61日)以上の延滞
2.過払い金返還請求
3.特定調停
4.個人再生手続き
5.代位弁済
6.任意整理
7.自己破産<
8.競売


自分の個人情報を調べる
あなたが融資を申し込んでも審査通過しなかった場合があったとします。 もし、心当たりが有るのなら、ご自身の信用情報を確認してみることをお勧めします。


あなたの個人信用情報は、あなた自身が見ることが出来ます。 個人信用情報機関へ直接行くか電話で目的に機関に請求することになります。 直接行く時間がない場合は郵送になります。


事故になった後に支払いをしても消えません
事故後に延滞金を支払って完済することを「延滞解消」と言います。延滞解消後も延滞した事実や完済した事実は一定期間、記録として残ります。 この間も事故と同じ扱いを受け、クレジットカードの審査は通りません。
全情連、CCB、テラネットでは延滞解消から1年、CIC、全銀協では5年保存されます。


個人信用情報[ブラックリスト]を扱う会社一覧
銀行系-全国銀行協会全国銀行個人信用情報センター
クレジットカード・信販株式会社シー・アイ・シー
クレジットカード・信販・消費者金融株式会社シーシービー
銀行から消費者金融テラネット
消費者金融系全国信用情報センター連合会[全情連]









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!