代位弁済とは

代位(だいい)とは、他人に代ってその地位につくこと。
弁済(べんさい)とは、債務者が債権の目的を実現させること。
   @債権の目的が金銭の支払の場合は、金銭の支払。
   @債権の目的が物の引渡しの場合は、物の引渡し。


住宅ローンにあてはめた場合の代位弁済とは、金融機関から信用保証会社の保証つきで借りた債務を返済できない場合に、金融機関に代わって保証会社が債務者等に対し、弁済を求める制度です。


代位弁済の請求がされたからといって、直ぐに競売などの法的手続きがされる事ではありません。 しかし、これを放置すれば、いずれは競売などの手続きが取られてしまうので、請求がなされた段階で、保証会社と今後の返済方法を講じる必要が有ります。


保証会社から代位弁済の実行の通知がされた場合は、住宅ローンでも事業についてでも再生手続きや連帯保証人の対応などが必要となってくるため、少しでも早く対応することがやり直しのためには不可欠です。


信用保証協会とは、中小企業者を支援する公的機関です
こちらも返済が3ヶ月~半年程度滞ると銀行は代位弁済の手続きを行って信用保証協会に肩代わりしてもらいます。 すると今度は信用保証協会が債権者となって返済の請求を行うことになるというわけです。


代位弁済した場合、あなたの元に通知が送られてきます。 そして、その通知には全額一括請求や遅延損害金についても記されています。 ただこの時点でも債務整理は可能ですし、分割払いの交渉をすることもできます。


要するに代位弁済がされたところで、相手が銀行から保証会社や信用保証協会に変わるだけで、返済の請求をされ続けるというわけです。


サラ金の借金を本人の親族が、本人に代わって返済する事はよくあるパターンです。 これも代位弁済です(民法第499条-任意代位と言います)。


保証人が返済することを法廷代位といいます(民法第500条)。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!