保証会社とは

住宅ローン保証会社とは住宅ローンの借り主が返済できなかった場合に借り主に代わって住宅ローンを弁済する委託契約を締結した会社です。


民間融資の場合は、金融機関系列の保証会社の利用が条件になっております。


住宅ローンの保証会社の存在で、住宅ローンの借り入れがし易くなりました。 昔は住宅ローンを使う場合、保証人がいなければ借り入れはできない時代が長く続きました。


身内でもそう簡単に数千万円単位の保証人になってくれるものではありません。 そうなると、家を持てる人が少なくなる、ということになってしまいます。 それは銀行にとって、住宅ローンは手続きも多く、その割には利益の少ない融資ですが、企業に中小企業に融資するよりはリスク少ない商品なので、住宅ローンを貸し出ししたいのです。


住宅保証会社の出現により、借りる方も借り易くなることで、昔では考えられない20歳代で不動産を持つということが当たり前の時代になってきているのです。


保証会社は金融機関のためにあり
保証会社の役割とは債務者(ローンを借りた人)が返済できなくなった時に、本人に替わりローンの残金を金融機関へ返済します。 金融機関が融資金回収で困らないようにすることにあるのです。 つまり、銀行などが“取りっぱくれ”を回避するための保証人なのです。 借りた側にしてみれば借金が銀行から移動するだけで、従来は銀行へ返済していたのが、今度は保証会社へ支払うこととなるだけです。 決して返済がチャラになる分けではないのです。 ここでいう「保証」とは、金融機関が債務不履行により債権回収できなくならないことを保証しており、債務者が返済不能の状態になった場合に支払いに困らないことを保証しているのではないのです。 保証は“保険”では無いのです。


家賃保証会社
賃貸で部屋を借りる際に、お金を払えば保証人になってくれる会社。


普通、部屋を借りる時には、必ず「連帯保証人」を立てなければなりません。 その理由は、何らかの事情で私たちが家賃を滞納してしまった時、大家さんまたは不動産業者は「連帯保証人」に滞納した家賃を請求することができるからです。 つまり連帯保証人を設定することで滞納による家賃益減収のリスクを減らしています。


しかし、中には連帯保証人が立てられない場合もあります。

■ 家族の事情で親族が居ない。
■ 身内の嫌われ者で誰も協力をしてくれない。
■ 両親は年金暮らし。兄弟に連帯保証人を頼むのも気が引ける。
■ 定年していて現在定職に就いていない。
■ 外国籍だから。

このような事情がある場合は連帯保証人を設定できません。 そこでこの問題を解決するために誕生したのが保証会社なのです。


保証会社を利用すると、保証会社が、親、兄弟に変わって連帯保証人の役割を果たすことになります。 従って万が一家賃滞納が発生した場合は、この保証会社が大家さんまたは不動産業者へ滞納家賃を支払います。 部屋を貸す大家さんや不動産業者からすると、滞納した場合の家賃が保証されるだけではなく、滞納家賃の催促をする手間も省けますし、万が一トラブルが発生した場合も、全て保証会社が請け負ってくれるのでメリットが大きいのです。


最近では、連帯保証人 + 保証会社の加入、あるいは、最初から連帯保証人ではなく、保証会社の加入を条件とする物件も増えてきました。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!