SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 不動産評価書

不動産評価書とは

評価書とは、競売・3点セットの一つで、裁判所から選任された不動産鑑定士が、当該競売不動産の評価を行ったものです。


その評価書の中には、物件の概要・状態、最低売却価額の算定方法等が記載され、公図・間取り図等の図面、写真などが添付されています。 この評価書で、その競売物件そのものの価値を把握することができます。


また、現況調査報告書よりも新しく作成される場合もあるので、現況調査の結果を補充する役割を果たすこともあります。


不動産鑑定評価書
不動産鑑定士が不動産鑑定を行ったときに発行するものが、"不動産鑑定評価書" です。 不動産鑑定評価書は、不動産の鑑定評価に関する法律第39条に基づいて発行されるもので、同法第36条では、不動産鑑定士(補)以外の者は、不動産鑑定を行ってはならないことになっています。


宅建業者等も不動産の価格査定を行っていますが、この「価格査定」は、任意のもので、法律に基づくものではありません。 したがって、不動産を売りたい、買いたい等の場合は当事者の参考にはなりますが、不動産について争いがある場合の裁判所、相続税や贈与税について不動産の正常価格を証明する場合の税務署、担保価値を把握する場合に金融機関等へ提出する場合などは、やはり法律に基づいた不動産鑑定評価書が必要となる場合があります。


不動産鑑定士
不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた者をいいます。

不動産鑑定士の主な仕事は、不動産の適正な価格を決定する不動産の鑑定評価業務と、不動産のコンサルティング業務です。 不動産の経済価値を決めることを主な業務としてますので、高度な知識が要求されます。


評価人
競売事件の中の不動産評価書を作成する者です。 裁判所が選任します。 通常は、不動産鑑定士が任命されます。


通常、競売物件の評価額は一般市場価格から約40%減額してから、さらに物件の諸条件(賃借権の有無など)を算定して計算されます。


競売の三点セットとは
「物件明細書」 「評価書」 「現況調査報告書」です。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!