SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 一般媒介契約

一般媒介契約

一般媒介契約とは、不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するとき結ぶ契約の一つです。


この一般媒介契約は、特定の業者に限らず、複数の業者に取引の仲介を依頼することができます。


宅地建物業者の取引様態には、大きく分類すると;
1) 宅建業者が売主または買主、あるいは交換の当事者となる場合
2) 売買・交換・賃借の代理人となる場合
3) 売買・交換・賃借の媒介をする場合
の3つが有ります。


また、媒介には、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3種類が有り、どの形かによって契約の仕方が異なります。


一般媒介契約の場合は、特定の業者に限らず、複数の業者に取引の仲介を頼むことが可能です。


任意売却の場合には、専属専任媒介契約ないしは専任媒介契約となります。


媒介とは法律用語で、宅建業法等の法律はすべてこの用語で統一されています。「仲介」は慣例的に媒介と同じ意味です。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!