SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 競売事件(ケ)(ヌ)

競売事件(ケ)/ 競売事件(ヌ)

担保不動産競売(ケ)は根抵当権または抵当権の実行のことです。
不動産を担保に取っている「銀行・債権者」からの申立てとなります。


抵当権という強固な権利に基づき裁判などの債務名義無しでも実行され、抵当権の順位に従い落札代金を優先配当されることとなります。


強制競売(ヌ)は抵当権の実行以外の競売となります。
判決や公正証書に基づき裁判所より「債務名義」を得て、不動産を強制的に換価し債権の充当に充てることになります。


抵当権と一般債権では抵当権の方が優先されますので(ヌ)事件では「※無剰余取消し」になる事もたびたび見受けられます。 しかし一般的には競売の開始決定通知が裁判所から届けばそれはびっくりしますので、競売を取り下げるために借金を返済する。 つまり債務者をビビらせる効果は大であるといえます。


一般的に競売事件(ヌ)の申立ては、債権者が債務者に対して威嚇的な意味合いで申立てることも多いようです。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!