SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 競売開始決定通知

競売開始決定通知

担保不動産競売とは、競売による不動産担保権の実行をいいます。
担保権の実行とは、債権者が貸したお金を回収するために行う手段の一種です。 担保不動産の競売のことを指したりします。 これは民事執行法に基づいて一般債権に関係する不動産の強制競売に準じて行われます。


そして、担保権の実行には、債務名義の必要はなく、担保権(抵当権、根抵当権等)を持っていることが行使できる権利となるが、次の要件を満たしていなければなりません。
 1) 担保権の証明文書の存在(登記事項証明書等)
 2) 被担保債権の存在と履行遅滞の事実
 3) 担保権の実行通知(担保目的物を第三者が取得している場合のみ)


「担保不動産競売開始決定」がされますと、この申し立てられて方がは何をしようとしまいと、どんどん競売の処理が進められます。 ただし、申立者が同意をしてくれれば任意にその不動産の売却が可能となります。 しかし、競売か任意売却かの競争となってしまいます。


理論的には裁判所の競売の開札期日の前日までなら、競売の取り下げ」ができるので、競売の開始が決定していて入札期間に入っているとしても、任意売却することができますので担保不動産競売決定通知が来てからでも任意でその不動産を売却する事は可能です。 しかし、この競売決定通知を受け取ってしまった場合は、直ちに行動しなければもう残り時間はほとんどありません。 そのまま放って置くと「入札期日」の通知が送りつけられてきます。 この「入札期日」が届いてから慌てて任意売却をしようとしても理論的には可能ではありますが、実務的な問題としては不可能です。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!