競売とは

不動産競売は、お金を貸した人から、その貸したお金の返済を約束通りの返済を受けられずに困った銀行などの債権者が、お金を貸した時に担保として取った、その人の所有する不動産や担保物件の売却を裁判所に申し立て、そして、その方法としてその不動産を差押さえて、強制的に裁判所の管理下で売却し、その売却代金から銀行等の債権者が支払いを受ける手続きです。


また、財産の相続によって得た財産物件を分ける場合にも不動産競売を利用することができます。 相続の場合にも、裁判所に不動産の売却を申し立てて、物件を売ってもらい、その売却代金から相続人が代金分割を受けることになります。


競売にかかった自分のマイホームの買い戻し:
不確実ではありますが買い戻せる確率はあるでしょう。 ただし、競売にかけられている本人はその競売に参加して入札はできません。


第三者が落札した元マイホームの買い戻し:
誰が何の為に、その不動産を落札したかに大きく左右されます。 落札者が住むつもりなら買い戻しは難しいでしょう。 投資家さん、または不動産業者が落札したのであれば買い戻しは可能でしょう。 しかし、その要求する買い戻し価格は予想以上だと考えられます。 例えば、500万円で落札した不動産を1,500万円で売り出しても良いからです。

500万円で落札した物件を1,500万円で売るは道義に反するなんて文句はこの場合通じません。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!