SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構とは

独立行政法人住宅金融支援機構とは、民間金融機関による長期・固定金利住宅ローンの供給を支援する証券化支援業務を主な業務とする機関です。


"証券化支援業務" には、民間の住宅ローンを買い受け、これを担保とした資産担保証券(MBS)を発行する買取型と、民間の長期固定金利の住宅ローンを担保として発行された債券の保証を行う保証型があります。


住宅金融支援機構は、災害復興融資等、民間金融機関では対応困難な場合を除いて直接融資は行わなくなりました。 今までの住宅金融公庫融資に変わるものとして住宅金融支援機構が民間金融機関から債権を買い取る形で長期固定金利の融資を可能にした、フラット35が2003年からスタートしています。


住宅金融支援機構が中心業務としている「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定金利住宅ローンで、長期間金利が固定される安心の住宅ローンです。 しかし、住宅金融支援機構に移行後は、個人向けの新規の直接融資は禁止となりました。


住宅金融支援機構









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!