SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約書とは、お金の貸し借りを規定した契約書です。 一般には借用書と呼ばれますが、正式には金銭消費貸借契約書です。


金銭消費貸借契約書は、返済が無い場合は不動産や動産(自動車や絵画・骨董)を差入れるなどの条件を付けるのが一般的です。


金銭消費貸借契約書には、一般的に下記の項目を記載されます。
   1)貸主、借主、連帯保証人の氏名・住所の明示
   2)現実に貸付た金額
   3)返済時期、(分割なら毎月月末など、明確な定める)
   4)返済方法(銀行送金か現金持参か)
   5)利息は年率で何%か
   6)遅延時の規定
   7)貸主、借主、連帯保証人の署名・捺印
   8) 他に連帯保証人、抵当権の設定、強制執行認諾条項付公正証書作成の承認等必要であれば記載されます。


住宅の購入資金を金融機関から借り入れる際は、抵当権を設定した上で金融機関と金銭の借り入れについての契約を締結する必要があります。 このことも金銭消費貸借契約といいます。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!