SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 個人信用情報機関

個人信用情報機関

個人信用情報機関の種類
金融機関には大まかに『銀行』『クレジット及び信販会社』『消費者金融』に分類されます。 これらの組織は別々に成長を遂げた金融機関という経緯が有るためにそれに対応する信用情報機関も分かれています。

全国銀行個人信用情報センター
金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金、等々が)が会員。

CIC ・ (株)シー・アイ・シー
信販会社、家電、自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、量販店等が会員。

全情連・全国信用情報センター連合会
消費者金融専業者が主な会員。全国33の個人信用情報機関等がメンバー。

(株)テラネット
信販会社、クレジット会社、クレジットカード会社等が会員。

CCB・(株)シーシービー
外資系クレジット会社等が会員。


金融機関、貸金業者、クレジットカード会社、信販会社、リース会社は、上記のいずれかの個人信用情報機関に必ず加盟しています。 加盟会員は各機関HPを閲覧頂ければわかります。


事故情報はCRINで共有される
全銀協とCICと全情連とで提携を結びCRIN(CRedit Information Network)というシステムを使って事故情報の共有が行われています。 事故情報(俗に言うブラックリスト)とは延滞、代位弁済、整理や破産などです。 他には同姓同名別人の情報が登録されており、自分と間違えられる恐れのある場合や免許証の盗難や紛失の本人申告コメントなどが共有されます。 それらの事故情報などとセットに氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号が共有されています。


自分の個人信用情報を確認できます
各信用情報機関の登録内容を確認できる開示制度があります。 なぜこのような制度があるかといえば、貴方の個人情報に間違いが無く、かつ正確な内容で登録されているかを確認する意味で運用されています。


過去に事故を起こしてしまっていて、新規に住宅ローンの借り入れが出来るか否かを事前に調べることに利用できます。 また、ご自分がブラックリストとなっていてそれが消えたか否かも調べることが出来ます。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!