SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 共同担保/共同担保目録

共同担保/共同担保目録

同一債権の担保として複数のもの(家屋、土地など)の上に担保物権(先取特権、質権、抵当権)を設定することを共同担保といいます。


そして担保権の設定は、「一不動産一登記」に従い、担保ごとに登記申請しなければならないが、共同担保物権の設定に関しては、1枚の申請書に目録を添付して登記申請すれば良いことになっています。


銀行から融資を受ける際に、担保として差し出す不動産だけでは担保価格に満たない場合、他に所有する不動産を差し出してもらうことによって担保価格を満たすことになります。


複数の不動産を担保として差し出すことにより融資申込者は、審査が通り易くなったり、融資金額を大きくできたりします。 そして銀行にとってみれば、債務者が万が一支払いが困難になっても、共同担保物件を処分させればある程度回収できるという保全措置でもあります。


「共同担保目録」は、お金を借りる時に担保にいれた物件の一覧表です。
不動産登記簿の乙区に担保設定の記載があり、かつ同欄に「共同担保 目録(X)第XXXX号」等の記載がある場合、共同担保が設定されていることが分かります。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!