抵当権の抹消とは

住宅ローンを完済した場合や、事業用ローンの返済が終わった場合には、土地や建物などの不動産に設定されている抵当権を抹消する手続きをしなければなりません。


債務を完済したときは金融機関から不動産に設定していた抵当権の抹消の書類を渡されます。 抵当権を抹消しないでそのまま放置していても、実体上は完済により抵当権は消えているので、これ以上請求されることはありませんが、抵当権の抹消をしないで放置しておくと、その不動産を売却する場合に障害になることもあり、また一般の企業の場合には新たな融資を受けられなくなるなどの弊害があります。


登記簿上は抹消しない限り永遠に抵当権は残ったままになるので、完済の事実を第3者に主張することはできませんし、不動産を売却したり、新たに抵当権を設定する場合などに支障が出ます。


また、金融機関から渡される書類の中には有効期間3ヶ月以内の書類もあるので、なるべく早く抵当権の抹消手続きを済ませるようにしましょう。  


抵当権抹消に必要な書類
   1. 抵当権設定契約書(抵当権権利証)
   2. 銀行等の抵当権者の委任状
   3. 銀行等の資格証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
   4. 不動産所有者の方の委任状


抵当権消滅登記は司法書士に依頼した方が楽です。 費用はかかりますが、いかんせん楽です。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!