みなし弁済-貸金業規制法43条とは

本来、利息制限法によると、年率15%~20%を超える利息は取ることができない、というのが原則です。 しかしお金を貸す人が貸金業規制法43条に書かれている条件を全て満たしている場合は、例外的に利息制限法を超過した利息を取ることも有効とみなされます。 これをみなし弁済といいます。


利息制限法を超える利息であっても、借り手が任意に利息を支払った場合は、これを認める。 つまりグレーゾーンを認めるというものです。 それが、キャッシング会社の権利も認めるものです。


みなし弁済の条件とは
  1.債権者が貸金業登録業者であること。
  2.契約の際、貸金業規制法17条の要件を充足する書面を
      交付していること。
  3.弁済の際、貸金業規制法18条の要件を充足する受取証書を直ちに
      交付していること。
  4.債務者が約定金利による利息を利息としての認識で支払ったこと。
  5.債務者が約定金利による利息を任意に支払ったこと。


みなし弁済は大きな額の借金だけ。
一般的は消費者金融などのキャッシング会社ではおこなわれません。 これらが行われるのは商工ローンなどの額の大きな融資時だけです。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!