任意競売とは

不動産の競売は、強制競売と任意競売の二種類があります。
強制競売は債務名義に基づいて行われる強制執行です。 これに対し、任意競売は担保権に基づいて行われる担保権(抵当権)の実行です。


抵当権の実行による競売とは
抵当権の実行による競売は、以前は、任意競売と呼ばれていたもので、ローンでお金を借りた時に抵当権の設定登記しますが、そのローンの支払いがないときには裁判しないで、すぐに抵当権が設定された不動産を競売することができるものをいいます。


ローンの返済ができなくなった場合には、銀行は、裁判所に対して、裁判所でこの物件を売却し、その売却代金から弁済を受けたい旨を申し出る競売の申立をします。 申立てを受けた裁判所は、その物件を競売の手続きに基づいて、売却します。 この一連の手続きを、抵当権の実行による競売といいます。


しかし、抵当権が実行されても、売却代金が債権額に満たなかった場合は残額については「担保のない債権(無担保債権)」として残ることになります。 そして、抵当権の実行によって、抵当権自体は消滅します。

参照  裁判所の民事執行手続き









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!