入札保証金とは

入札に参加しようとする方の資力等を保証するために、入札参加者から裁判所が定めた最低売却価格の20%に相当する金額を入札期日の最終日までに裁判所の口座に入金しなければなりません。


また入札保証金を納付させる意義としては、入札の適正な執行を確保するためとも言われております


入札保証金の納め方
入札保証金の納め方はいくつかありますが、最も一般的な方法としては、裁判所から受け取る専用の銀行振込用紙で電信振込みをしてから、振込み手続きが終了した後に、その控えのうち、裁判所提出用と書いてあるものを裁判所に提出するという方法です。


入札保証金額は物件情報の新聞広告欄にも出ていますが、正式には3点セットの上に載っている期間入札の公告書(コピー)に記載されています。 入札期日の最終日までに裁判所の口座に入金されないと無効になりますので、最終日の2~3日前までに手続きをする必要があります。


落札できなかった場合でも、すぐに保証金が戻ってきますので、保証金の返還口座も届出をしておくことが必要です。


入札保証金の返還
落札者以外の納付した入札保証金は、入札終了後全額返還されます。

入札保証金の還付については、入札申出の際に提出された入札保証金振込証明書(「保証金の返還請求」欄)記載の振込先指定口座に振り込む方法で行われます。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!