差押登記

不動産に対する差押が行なわれた際に、不動産登記簿に記載される登記のことです。 競売または公売の手続が正式に開始されたことを公示する登記でもあります。


差押の登記に書かれる「原因」には次の3種類の文言があります。
1) 抵当権等を実行するための任意競売が開始されたとき
      →原因「競売開始決定」
2) 裁判所の判決等にもとづく強制競売が開始されたとき
      →原因「強制競売開始決定」
3) 税金の滞納にもとづく公売が行なわれるとき
      →原因「税務署差押」



仮差押の登記
債務者の財産を一時的に凍結するための裁判所の命令を「仮差押」といいます。 この仮差押がなされた場合には、登記簿に「仮差押の登記」が記載され、取引関係者に対して、財産の処分を一時的に凍結していることが公示されます。


差押えの付いている賃貸不動産を借りる
これは絶対に借りてはいけない物件です。 差押後に賃貸借契約を締結した場合には、借主に対し一切の保護はありません。 つまり、差押の登記をされている物件を借りてから競売にかけられてしまうと、競落人(競売で物件を落とした新しい所有者)に対して権利を主張できなくなってしまいます。 早い話が、借りたアパートが競売で落とされると、部屋を退去しなければならないし、新しい所有者から敷金を返してもらうこともできなくなってしまいます。










や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!