占有権とは

民法では、自己のためにする意思をもって物を所持する時は、これによって占有権を取得するものとしています。


占有権の効果は、動産および未登記不動産の上に現に行使している占有者の権利は適法なものであるとの推定を受ける、占有者は外部からの侵害に対して占有訴権を行使できる、善悪の占有権は占有中の果実を取得しうる等が認められるとあります。


不動産に関していえば、占有権は建物の賃借人が持ちます。 土地の所有者は、その土地を所持しているので、土地の占有権を持っています。 また、土地の賃借人は、その土地を使用する権限があるので、やはり占有権をもっています。


占有権は代理人によって取得することができ、そのような占有形態を代理占有といいます。


占有権に、その正当な権利が無いにもかかわらず、自分が権利者であると誤信して占有している場合の善意占有者と、自分の物でないと知っていながら占有している場合の悪意占有者とがあり、善意占有者は占有している物から生じた果実(利益)を取得することができますが、悪意占有者の場合は、その果実を正当な権利者に返還しなければなりません。


占有が妨害されたり奪われたりした場合には、占有の事実を回復する訴えを起こすことが可能で、これを占有訴権といいます。占有権は、占有者がその意思を放棄したとき、もしくは占有物の所持を失った場合には原則として消滅します。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!