借金の時効

支払日または支払予定日から起算して5年経過をすると時効となります。
借金をした日がいつであろうと、返済予定日から5年過ぎると時効でチャラになります。 返済期日の定めが無い場合は、最後に支払った日から起算して5年目になります。


借金してから、一度も返済をしていなかった場合ですと借りた翌日から起算して5年経過した時点で時効となります。


つまり5年間支払いをしなければ時効が成立する事になりますが、途中で少額でも支払うと最終支払日から再度起算して5年後になります。 また、時効成立前に裁判を起こされたり、債務の確認の書類に捺印したり致しますと、時効成立の期限は先に伸びる事になります。

5年間ひっそりと逃げ切って債権者から隠れてしまえば、借金がチャラになってしまうのですが・・。 債権者にとっては簡単に時効にされてしまったら、困りますので色々と手を尽くす事になる訳です。


実際に逃げ切っている人たちとも接触はありますが、その精神的圧迫はそうとうな物のようです。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


フリーダイヤル

携帯電話/PHSからでもかけることができます。

0120-105-735

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。

当社は埼玉県をメインに任意売却のご相談をうけたまわっております。

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!