質権とは

債権の担保として債務者又は第三者から受け取った物を占有し、その物で債権の弁済に当てることができる権利のことです。


民法第342条 - 質権は動産と不動産の両方に設定できます(それぞれ動産質、不動産質といいます)。 質権の効力を発生させるためには占有改定以外の方法による物の引渡しが必要です。 対抗要件は動産質では占有の継続、不動産質では登記となっています。


不動産質については債権者が占有しなければならないし、加えて管理及びその費用の負担などの理由で現在では余り使われません。 今日において借金で不動産担保を考える人の殆どが担保不動産に住むまたは商売をするなど、使用や収益を考えており、債権者の方でも不動産の管理などは避けたい(理由として本来の業務ではない等々)場合が多いので、設定者の代理占有(債権者が債務者や質権設定をした第三者に質物を占有させる事)ができない質権(民法第345条)ではなく、非占有担保である抵当権を使用する場合の方が多く、普及しています。


民法第344条 - 質権の設定
火災保険請求権に対する質権 - 火災保険に加入するとその証として火災保険証券が交付されます。 もし火災等の被害が発生した場合は保険会社から保険金がおりますが、対象となる住宅に担保権が設定され、火災保険請求権に質権が設定されているときは、火災保険証券は質権者が所持し、保険金から優先的に弁済に充当されます。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!