借金の時効

借金には時効というものがあります。 お金を借りても一定期間返済をしなければ時効になり返済義務がなくなるのです。 では、どのくらいの期間支払いをしなければ時効になるのでしょうか。


ノンバンク・サラ金・信販・銀行などの業者の貸金債権は5年で消滅時効になります。 友人や知人、親など個人からの借金の場合は10年です。


消滅時効
一定の時間の経過によってその権利が消滅してしまう債権です。 例えば、飲み屋のツケは1年で時効になります。 そうなる前に相手がツケ(債務)があることを認めたり、こちらから裁判上の手続きをしないと、そのツケを請求できなくなります。


取得時効
他人の物を公然と "所有の意思を持って" 一定の時間継続して占有することで、原則20年経つと自分の所有物になるというものです。 また、その物を占有し始めた時点から、それは自分のものだと信じ込んで(悪意無く)、そう信じ込むことに過失がなければ10年で自分の帰属します。


消滅時効を援用
時効は相手に主張しないとだめ!
債権者にきちんと「私の借金は時効になっています」と主張しなくてはいけません。 方法としては債権者に対して、「仮にあなたからお金を借りりていたとしても5年間請求がなかったので時効を援用します」といった内容証明郵便を送ります。 ただしその際「確かにあなたからお金を借りていました」と書いてしまうと債務の存在を認めたものとみなされ、時効は中断してしまいます。


時効の中断
時効中断制度とは、時効期間が経過してしまう前に、権利者が裁判上の権利を行使したり、債務者が「お金を借りた」という事を認めた場合に(そのような発言をしたり、実際に借金を返済している等)、それまで経過した時効期間をご破算にしてしまう、という制度です。 時効中断が生じると、再度初めから時効期間の進行が開始して、新たに5年なり10年なりの時効期間が経過しないと時効は完成しません。 時間がリセットされて“振り出しに戻る”と同じになってしまいます。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!