担保とは

債務者であるお金を借りる人がお金を返せなくなった時に備えて債権者であるお金を貸す人が不動産や抵当権を保証として取る事をいいます。 お金を貸したのは良いけれど、戻ってこないと困ります。 だからもしもの為の保険として、あらかじめ不動産などを押さえておくのです。


ちなみに抵当権とは、不動産などを取り上げずに、債権の担保として他の債権者よりも優先的に返済を受ける権利のことをいいます。


不動産や抵当権などを担保として取る事を通常「物的担保」といい、保証人や連帯保証人と呼ばれるモノを「人的担保」などと呼んだりしています。


知人に借用証を書いてもらって100万円を貸したとしても、貸した人に返済する能力が全くないことになると借用証もタダの紙切れになってしまいます。 そのような事態に備えて、お金を貸す人の返済能力をカバーするものが担保です。 担保には人による担保(保証人など)と物による担保(抵当権など)があります。


追加担保
金融機関などが債務者に対して有している担保の価値が下落し、融資残高に対して保全が不足するような状態になった場合、追加として差し出す担保のことを言います。 例えば、住宅ローン返済のリスケジューリング(返済条件の変更)を金融機関に申込むと、金融機関から追加担保、追加保証人を要求される事が有ります。


譲渡担保
債権の確保のために、債務者等の所有権を債権者に譲り渡す形式の担保を、譲渡担保といいます。 例えば、不動産の割賦販売(月賦などの分割払)で、いったん売主が買主に所有権を移した後、残代金を確保する目的で、再び、買主からその不動産の所有権を売主が譲り受けることがあります。 これが譲渡担保です。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!