SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 登記識別情報通知

登記識別情報通知とは

登記の申請がされた場合に、当該登記により登記名義人となる申請人にその登記に係る物件及び登記の内容と共に、登記所から通知される情報をいいます。


登記識別情報は、アラビア数字とその他の符号の組合せからなる12桁の符号で、不動産及び登記名義人となった申請人ごとに定められます。


この登記識別情報は、本人確認手段の一つであり、登記名義人本人による申請であることを登記官が確認するため登記所に提供してもらうことになります。


登記識別情報の形式
123-A12-ABC-12A このような組み合わせです。 しかし、この番号は剥がしてはいけないシールが貼ってあり本人も知らない番号となります。


登記識別情報を紛失してしまった場合は
登記識別情報の失効の申出をすることができます。 登記識別情報は、いつでも理由がなくても失効させることができます。


権利証に代わり登記識別情報が通知されます
登記が完了すると、本人に登記識別情報が通知されることになります。 これからは、この番号を知っていることが、不動産の権利者としての判断材料の一つとなります。 つまり、不動産を売却したり担保に入れたりする場合には、この登記識別情報を登記所に提示することが必要となるのです。


権利書は無くなりました
これまでは、登記が完了すると、不動産の権利を取得した人には登記済証が交付されていました。 これが、いわゆる "権利証" です。 今までは、権利証を持っていることが、不動産の権利者としての判断材料の一つでした。 不動産を売却したり、担保に入れたりする場合には、この権利証を登記所に提出することが必要だったのです。 しかし今度の法改正で、この権利証の制度が無くなり、登記が完了しても今までのような権利証が本人のお手元に交付されないこととなりました。

参考 : 民事局 - 新不動産登記法









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   

期限の利益の喪失の通知が来たらご相談ください!